全日本軟式野球連盟トップ > ニュース > お知らせ > 成長期のスポーツ障害予防指導者講習会を全国12会場で実施

ニュース

2018年2月27日

成長期のスポーツ障害予防指導者講習会を全国12会場で実施

 スポーツ振興くじ助成を受けて、学童部および少年部の指導者・保護者を対象にした「成長期のスポーツ障害予防指導者講習会」は、2017年11月18日の北海道・苫小牧会場をスタートに、全国12会場で実施、2018年2月4日の岐阜会場をもって、今年度の全日程を終了しました。
 本講習会は、成長期の子どもたちに発症しやすい、ヒジや肩の障害に関する基礎的知識についてのスポーツ整形外科専門医による講義と、その予防の方法としてのウォーミングアップ・クールダウンの方法に関する理学療法士による講義・実技指導をおもな内容としています。
 指導者や保護者が、子どもたちの健康管理をする上で、欠かせない内容をわかりやすく指導してもらえるということで、毎年、多くの受講者を集めています。
 今年度の12会場の受講者総数は、1,590名となりました。

BIG ビッグ toto 日本のスポーツを応援しよう ネットで今すぐ買える!

このページのトップへ