全日本軟式野球連盟トップ > ニュース > お知らせ > ワールドマスターズゲームズ2021関西の延期について

ニュース

2020年11月11日

ワールドマスターズゲームズ2021関西の延期について

ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰でも参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。

オリンピックの翌年に開催され、第1回は1985年にトロントで開催され、直近では2017年に第9回大会がニュージーランド・オークランドで開催されました。そして、次回2021年には、アジアで初めてとなる大会が日本・関西で開催される予定でした。

軟式野球競技も初めて正式競技として採用され、海外の参加者にも軟式野球を親しんでもらう機会となる予定でしたが、新型コロナウイルス感染症による影響で、大会理念の実現が困難なこともあり2022年に延期することが決定しました。

大会延期に係る詳細については、「大会延期について」をご覧下さい。

引き続き、2022年に開催される、ワールドマスターズゲームズ関西へのご参加をお待ちしております。2022年開催の概要については、組織員会HPにて随時更新されますので、ご覧ください。

大会組織員会ホームページ

このページのトップへ