ホーム > 用具・ルール > 連盟適用ルール

連盟適用ルール

打者用ヘルメットへのフェイスガード取付け等の改造禁止について

打者用ヘルメットへのフェイスガード取付け等の改造禁止について(BFJのHPに移動します)

JSBB危機管理マニュアル

JSBB危機管理マニュアル(令和3年4月版)

野球規則改正による反則投球に関する解釈について

野球規則改正による反則投球に関する解釈について

保護具の商標表示等の規定一覧

保護具の商標表示等の規定一覧

2021野球規則改正について

2021野球規則改正について

グラブの取り扱いについて(2020年4月21日改訂)

グラブの取り扱いについて(一覧表)

新型コロナウイルス感染症対策について

JSBB感染予防対策ガイドライン(令和3年4月改訂版)

JSBB「健康チェックシート」

JSBB「健康チェック行動記録シート」

JSPO講習会等の開催に係る感染予防対策ガイドライン(JSPOのHPに移動します)

2020野球規則改正について

2020野球規則改正について

学童部(小学生)の投球数制限について(競技者必携2020改正)

学童部(小学生)の投球数制限について

少年部(中学生)の投球数制限について(2020年)

少年部(中学生)の投球数制限について

競技者必携2019の一部改訂について

2019発刊文書38号

競技者必携2019の改訂一覧表(全項目)

競技者必携2019の一部改訂について

学童野球の投球数制限ガイドライン

2019野球規則改正について

2019野球規則改正について

2018野球規則改正について

2018野球規則改正について

2018アマチュア野球内規

反則投球に関する規則改正について(全野協320-41)

ベンチ前キャッチボールの禁止および“ミットを動かすな”運動の展開について(全野協320-42)

没収試合防止に向けて(全野協320-43)

2018野球規則改正に伴う本連盟規則適用上の解釈について

2018野球規則改正に伴う規則適用上の解釈について(通知文書)

2018野球規則改正に伴う規則適用上の解釈解説

2017野球規則改正について

2017野球規則改正について

競技者必携2017の一部改訂について

競技者必携2017改定 対照表

2016野球規則改正について

2016野球規則改正について

平成27年度本連盟新規取り決め事項

少年部・学童部の投球制限について

※2020年度競技者必携上で再改定しておりますので、最新版の競技者必携をご確認ください。

平成26年度の全国大会、各都道府県大会及び各都道府県末端支部大会より下記の通り投球制限を採用しています。採用の目的は発育発達期における選手の投球における過度の負担を避けるためとなります。

投手の投球制限については、肘・肩の障害防止を考慮し、1日7イニングまでとする。ただし、タイブレーク方式の直前のイニングを投げ切った投手に限り、1日最大9イニングまで投げることができる。

 なお、学童部3年生以下にあっては、1日5イニングまでとする。投球イニングに端数が生じたときの取り扱いについては、3分の1回(アウト1つ)未満の場合であっても、1イニング投球したものとして数える。

2015野球規則改正について

2015野球規則改正について

2015野球規則改正における本連盟規則適用上の解釈

2014野球規則改正について

2014野球規則改正について

競技者必携2012の一部改訂について

2013年度公認野球規則及び審判メカニクスハンドブック第4版の変更に伴い、競技者必携2012の一部を改訂します。

競技者必携2012改訂一覧

2013年度野球規則改正について

2013野球規則改正

アマチュア野球内規・2013年版

2012年度野球規則改正について

2012年度野球規則改正について

2012野球規則改正

平成24年度本連盟新規取り決め事項

少年部・学童部の投球制限について

※平成26年度に再改定しておりますので、平成26年度取り決め事項をご確認ください。

平成24年度の全国大会、各都道府県大会及び各都道府県末端支部大会より下記の通り投球制限を採用します。採用の目的は発育発達期における選手の投球における過度の負担を避けるためとなります。

 投手の投球制限については、健康維持を考慮し、1日7イニングまでとする。
なお、学童部3年生以下にあっては、1日5イニングまでとする。
投球イニングに端数が生じたときの取り扱いについては、3分の1回(アウト1つ)未満の場合であっても、1イニング投球したものとして数える。

(参考資料)
青少年の野球障害に対する提言
1) 野球肘の発生は11,12歳がピークである。従って、野球指導者はとくにこの年頃の
選手の肘の痛みと動きの制限には注意を払うこと。野球肩の発生は15,16歳が
ピークであり、肩の痛みと投球フォームの変化に注意を払うこと。
2) 野球肘、野球肩の発生頻度は、投手と捕手に圧倒的に高い。従って、各チーム
には、投手と捕手をそれぞれ2名以上育成しておくのが望ましい。
3) 練習日数と時間については、小学生では、週3日以内、1日2時間をこえないこと、
中学生・高校生においては、週1日以上の休養日をとること。個々の選手の成長、
体力と技術に応じた練習量と内容が望ましい。
4) 全力投球数は、小学生では1日50球以内、試合を含めて週200球をこえないこと。
中学生では1日70球以内、週350球をこえないこと。高校生では1日100球以内、
週500球をこえないこと。
5) 練習前後には十分なウォームアップとクールダウンを行うこと。
6) シーズンオフを設け、野球以外のスポーツを楽しむ機会を与えることが望ましい。
7) 野球における肘・肩の障害は、将来重度の後遺症を引き起こす可能性があるので、
その防止のためには、指導者との密な連携のもとでの専門医による定期的検診が
望ましい。
日本臨床スポーツ医学会学術委員会資料より抜粋

コールドゲームの採用について

平成23年度より競技会のスムーズな進行を目的にコールドゲームを採用しておりましたが、平成24年度より下記の通り一部修正されました。

一般のすべての全国大会(天皇賜杯・国体・高松宮賜杯1部・2部・東日本1部・2部・西日本1部・2部・東日本選手権・西日本選手権・中部日本選手権・日本スポーツマスターズ)において、7回以降7点差がついた場合、得点差によるコールドゲームを採用する。なお、国体の順位決定戦(7回戦)では採用しない。

特別延長戦(タイブレーク)の採用について

平成24年度より下記の通り特別延長戦を採用します。

 9回を完了して、同点の場合は、健康維持を考慮し、次の方法により勝敗を決定する。
(1)延長戦の回数は、最長12回までとする。ただし、天皇賜杯大会、
国民体育大会を除く。
(2)すべての大会において、試合開始後、3時間30分を経過した場合は、
新しいイニングに入らない。
(3)前記「(1)、(2)」を終了しても同点のときは、引き続き特別延長戦を行う。

捕手のファウルカップの着用について

競技者必携2012、競技運営に関する連盟取り決め事項に、
「試合に出場する捕手、およびブルペンの捕手は、ファウルカップを着用すること」と表記されておりますが、
平成24年度は適用せず、1年間を猶予期間とし、平成25年度からの全ての試合において適用することとしております。
なお、「着用すること」と義務付けておりますが、確認作業は行いません。

2011年度野球規則改正について

2011年度野球規則改正について

2011野球規則改正

アマチュア野球内規について

アマチュア野球内規

投手用グラブの取り扱いについて

投手用グラブの取り扱いについては、日本アマチュア野球規則委員会総会に て下記の通り決定されました。本連盟としても徹底することが決定されました。

・縫い糸の色について
投手は、そのグラブの色と異なった色のものを、グラブにつけることはできない。ただし、縫い糸の色は、シルバー、白、灰色、光沢のある色、目立つ色以外の色であれば、特に制限は定めない。
・個人名の刺繍について
投手用のグラブに個人名の刺繍を入れる場合、その色はグラブ本体と同色とし、その場所は親指の付け根部分1ヶ所に限るものとする。なお、その大きさについては、最長でもグラブの親指部分の半分を超えないものとする。

平成23年度本連盟新規取り決め事項

少年部・学童部の投球制限について

※平成24年度に再改定しておりますので、平成24年度取り決め事項をご確認ください。

 平成23年度の全国大会、各都道府県大会及び各都道府県末端支部大会より投手の投球制限を採用します。採用の目的は発育発達期における選手の投球における過度の負担を避けるためとなります。

投手は一人1日1試合しか投げられないこととする(通常7回、特別延長戦の場合10回まで)。ダブルヘッダーの場合は、必ず投手(前の試合に登板したすべての投手)を代えることとし、連投は禁止する。

2010年度野球規則改正について

ボールカウントコールの変更について

プロ・アマ野球界全体が国際方式に改めたのに伴い、(財)全日本軟式野球連盟も今年度から、球審のボールカウントのコールは従来とは逆にして、ボール、ストライクの順にすることを決定致しました。
従来の「2ストライク、3ボール」は、今年度から「3ボール、2ストライク」とコールします。

2010年度野球規則改正について

2010年度野球規則改正

 

Get Adobe Reader

PDFファイルを見るには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。

このページのトップへ