ホーム > 学童野球について

学童野球について

学童野球とは

(公財)全日本軟式野球連盟では、小学生チームのクラスを「学童部」とし、約1万5千チームの登録があり、活発に活動を展開しております。

軟式野球はゴム製のボールを使用するため、命にかかわるような危険が少なく、また、学童部では軽くてサイズの小さいボールを使用するため、投手をはじめ選手の身体的負担も軽く、楽しく長く野球を楽しむことができます。

小学生球児として軟式野球で活躍し、中学または高校から硬式の野球を始め活躍する選手も沢山います。現在大リーグで活躍する松井やイチローといった日本を代表する選手も小学生時代は地元の軟式野球チームに所属していました。

生涯軟式野球を愛し、仕事と競技を立派に両立させて頑張っている先輩も沢山います。まさに生涯スポーツなのです。

学童の選手、お父さん、おじいちゃん全員が軟式野球選手・・・も夢ではありません!!

マクドナルド・トーナメント

(公財)全日本軟式野球連盟の学童の全国大会・都道府県大会へ日本マクドナルド(株)より1986年より協賛をいただき、様々な方面から学童軟式野球をサポートしていただいています。

学童部の全国大会は、1981年に第1回大会を開催し、1997年に高円宮賜杯が下賜された「高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」です。「小学生の甲子園」として1990年より茨城県水戸市、2009年より明治神宮野球場にて毎年8月開催し、ちびっ子球児憧れの大会になっています。全国47都道府県では同大会の予選大会が行われています。


高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント

マクドナルド・ワッペン

左上:地区大会・都道府県大会と厳しい予選を勝ち抜き、晴れて全国大会出場の切符を手にしたチームに贈られます。選手は右袖にこのワッペンを付けて、晴れやかに入場行進します。

右下:全国大会を制覇したチームに贈るワッペンです。

高円宮賜杯 マクドナルド・トーナメント

がんばろう!日本

ご寄付のお願い

このページのトップへ