ホーム > 国際普及 > 国際普及活動について

国際普及活動について

軟式野球用具の海外への寄贈について

■目的

安全に楽しむことのできるボールが求められ、軟式野球ボールが誕生してまもなく100年を迎えます。日本国内における野球の普及発展に軟式ボールは深く寄与してきたことは間違いありません。また、2020年東京オリンピック以降の野球競技のオリンピック正式競技復活は、軟式野球界においても将来のトップアスリートである現在の小中学生たちのためのミッションでもあります。

現在、野球・ソフトボールの国際組織、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)には135ヵ国が加盟していますが、用具不足等の問題で満足にプレーすることのできない子どもたちが多くいるもの現実です。本連盟では、世界中の子どもたちに楽しく安全に野球に携わって欲しいとの思いから、野球途上国を中心に用具提供を行っています。

野球を愛する世界のすべての人へ、皆さんの温かい想いが届くように国際普及・国際交流・社会貢献に取り組んでまいります。

※中古野球用具のご提供者様を広く募集します。不要になったグラブ(ミット)、バット、キャッチャー用具、ヘルメットがあれば、ご提供ください!特にグラブ(ミット)については、各国からの要望の声が高まっています。是非、ご提供いただけると助かります。

※使用できる道具を寄付しております。壊れている道具は活用することができませんのでご了承ください。

■事業実績

本連盟では、2007年(平成19年)より軟式野球ボールをはじめ、野球用具を野球途上国の野球の普及・発展のために寄贈しています。これまでの実績については、下記をご覧ください。

提供先一覧 2018.12.13更新しました!

■ご協力者様

ご協力者様一覧 2017.12.21更新しました!

■Q&A

Q1:用具を寄付したいのですが?

A1:グラブ(ミット)、バット、キャッチャー用具、ヘルメットを募集しています。ボールは十分な数が集まっていますので、今後の発送状況により、当ページにて募集します。

Q2:用具を送って欲しいのですが?用具を欲しがっている方を知っています!

A2:是非、ご連絡ください。当サイト「お問い合わせページ」よりお問い合わせください。なお、本連盟からの送付先は、日本国内とさせていただきます。ご了承ください。

Q3:壊れた用具でもいいですか?

A3:申し訳ありませんが、海外へのプレゼントとの意味合いから破損のないものに限定させていただきます。なお、汚れなども可能な範囲で落としてから送付していただけると助かります。ボールは旧モデルでも構いません。

Q4:着払いでの送付でもいいですか?

A4:現在のところ、元払いでの送付をお願いします。ご了承下さい。

■お問い合わせ

当サイト「お問い合わせページ」よりお問い合わせください。確認次第、ご返信させていただきます。

■ギャラリー

アジア Asia

中華人民共和国
People’s Republic of China
フィリピン共和国
Republic of the Philippines
スリランカ民主社会主義共和国
Democratic Socialist Republic of Sri Lanka
モルディブ共和国
Republic of Maldives

 

大洋州 Oceania

フィジー共和国
Republic of Fiji
ソロモン諸島
Solomon Islands
 現地新聞:
2018年12月21日付当地紙マーシャル・アイランド・ジャーナル第4項

・マーシャル諸島共和国

Republic of the Marshall Islands

 

アフリカ Africa

ウガンダ共和国
Republic of Uganda
カメルーン共和国
Republic of Cameroon
ケニア共和国
Republic of Kenya
ジンバブエ共和国
Republic of Zimbabwe
ブルキナファソ
Burkina Faso

 

中南米 Latin America

アルゼンチン共和国
Argentine Republic
エクアドル共和国
Republic of Ecuador
コスタリカ共和国
Republic of Costa Rica
コロンビア共和国
Republic of Colombia
・ニカラグア共和国
Republic of Nicaragua

 

欧州 Europe

ブルガリア共和国
Republic of Bulgaria

Get Adobe Reader

PDFファイルを見るには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。

このページのトップへ