全日本軟式野球連盟

倫理・コンプライアンス方針

倫理・コンプライアンス方針

人は、スポーツを通じて様々な学びをし、生涯にわたってスポーツに親しむことは極めて大きな意義を有しています。軟式野球は、「競技」としての軟式野球と「仲間達との楽しみ」としての軟式野球という両面を持つ、幅広い層に親しまれてきたスポーツであり、子供から老年期に至るまで、生涯にわたって親しめるスポーツです。
公益財団法人全日本軟式野球連盟は、様々なステークホルダーの声に真摯に耳を傾け、期待に応える必要があると考え、日々の活動の中で社会的信用の維持、向上に努め、法令違反や不祥事を未然に防ぎ、正しく、楽しい軟式野球を提供する義務があると強く感じています。

スポーツ界において、コンプライアンス違反行為は、スポーツインテグリティを脅かす重大な問題となります。私達は、信念を持って、フェアプレーに反する行為を見逃さず、あらゆるハラスメント、暴力などコンプライアンス違反行為の根絶を目標に、以下の方針を掲げ活動します。

  1. 常に「リスペクト」の精神を持ち、暴力及びあらゆるハラスメントを排除し、誠実な姿勢で公正を貫くことを常に心がけ、公平な行動を行い、軟式野球の普及及び強化活動を行います。
  2. 倫理・コンプライアンスを「法規及び内部規範の遵守だけではなく、社会通念や道徳など、人の心に寄り添い、社会から求められる、より高いレベルの倫理観に従って行動すること」と捉え、誠実な行動を実施します。
  3. この方針を実施、遵守、推進するために、組織風土の醸成及び組織体制をしっかりと構築し、組織基盤の整備を行います。

令和3年10月14日
公益財団法人全日本軟式野球連盟
会長 武内 繁和

連盟概要

このページのTOPへ