ホーム > 連盟概要 > 連盟について

連盟について

子供たちに安全に野球を楽しめるボールが求められ、鈴鹿栄氏らによって軟式ボールが誕生してから95年。野球界の中で、軟式野球が担うべき役割は次にあげる2つのテーマに集約されます。

ジュニア世代の育成

野球に親しみ、生涯、野球を愛する人材を育てる
将来の夢をはぐくみ、硬式へのスムーズな移行をサポートする
子供たちが、野球障害に悩まない環境づくり

生涯スポーツとしての環境整備

多様なスタイルで野球を楽しむ層のニーズに応える
親子3世代で競技に親しめる環境づくり

日本に野球が深く根付いた要因のひとつは、安全で安価な軟式ボールが広く普及していることです。スタンドのあるしっかりした球場がなくとも、校庭や、広場でも手軽に子供たちがプレーできる環境があったからこそ、今日の広がりがあるといっても過言ではありません。少子高齢化が急速に進む中、また、多くのスポーツが広く愛好される中、軟式野球に出来ることをしっかりと自覚をして、社会に貢献していくことが、私どもの責務です。

ミッションを実現するにあたって以下のような構想のもと、業務を推進してまいります。

プラン1 ~地域に根ざし世界に伸ばす~

野球界全体における軟式野球の位置付けと役割を明確に、広くアピールしながら、活動を続けていきます。普及・育成事業の柱として、全国各地域の加盟団体と一体となってジュニア世代育成のための指導者養成事業、女子競技普及推進事業を構築してまいります。同時に、成長期の競技者が野球障害に悩むことのない環境づくりも行なっていきます。
一方、アジアを足がかりとした海外への軟式ボール普及にも注力してまいります。

プラン2 ~魅力的な生涯スポーツ~

他の野球中央競技団体と積極的に連携強化をはかりながら、軟式野球の特徴、長所を十分に理解してもらい、野球界全体の中での軟式野球のあり方を確立し、生涯スポーツとしての環境整備を推進していきます。

プラン3 ~透明性と足腰の強い組織~

事業推進には、組織の強化は不可欠と考えます。これまで以上に加盟団体との連携を強め、競技者登録をしている選手たちに帰属意識を持ってもらえるような組織運営のあり方を追求してまいります。

このページのトップへ